【口下手なあなたへ】絶対成功するオンラインお見合いテクニック2選

(2020年7月5日更新)

■本記事は、口下手な方がオンラインお見合いで使えるテクニックを紹介しています。
■この記事を読むと以下のことがわかります
→自信をもってオンラインお見合いができます。

都道府県境をまたぐ移動の自粛が全面的に解除され、久しぶりの再会を喜んだカップルも多いことでしょう。
コロナの完全な収束がみられない中、第2波への警戒をしつつ、コロナと共存する週末スタイルが始まり、これからお見合いやパーティー、またデートをする人たちにとっては、まだまだオンラインを活用する日々が続くことでしょう。

以前の状態にもどるには時間がかかりますが、オンラインならではのよさを楽しみ、よき出会いを成功に導いてください。

オンラインならではの口下手を克服するテクニック

話題作り

「お見合いの席で、話題が続かなくて困っています。コロナウィルスの影響で、オンラインお見合いをしてみたところ、自分の画面の背景に映り込んだ本棚を見たお相手の女性が、本棚のなかの一冊に興味を示してくれて話が盛り上がりました。その後交際に進むことができました。」(IT業界 30代男性)

リアルなお見合いは、ホテルなどで行われることが多く、その場所では本人たちの趣味や興味のあることは、お互いの会話からでしか伝えることができません。
オンラインでの出会いは画面全体を注視することから、本人以外の情報を画面から得ることができるため、背景にある情報が相手に伝わり、それがきっかけとなって話が弾むというオンラインならではの成功例と言えるでしょう。

オンラインお見合いでは、お相手の背景が意外とに気になったという話はよく聞きます。
気付かずに乱雑な部屋を見せてしまうと、だらしのない人に見られてしまいます。きれいに整頓することはもちろん最低限の気遣いですが、この男性のように、趣味や興味のあるものを見えるところにおいて、会話のきっかけにしてみてはいかがでしょうか。それがよい交際に繋がっていくかもしれません。

話す手順をメモしておく

「初回のお見合いで女性に合うことはできるのですが、二回目に会うところまではなかなか進まない。会話は苦手な方です。そこで相談室の方から、時間内に何を話すか紙に書いてPCに貼って話をしてみたらどう?お相手の画面からは見えないから。と言われ、素直に従ってみたところ、スムーズに会話が進み、はじめて交際OKをもらいました。」(流通業界 30代男性)

女性と会話をする機会が少ない方は、女性を前にするとあがって話ができなくなるということがよくあります。
オンラインお見合いでは、カメラの映る範囲でしか相手にはこちらの情報がわからないため、この相談所のアドバイスのように、オンライン婚活ならではの利点を活用して、あらかじめお見合いの時間内で何を話すか組み立てて、それをメモし、パソコンのカメラに映らない位置にそのメモをは貼って会話をしたのでしょう。
この男性は、そのメモがあることによって、安心して落ち着いて会話ができ、交際に進むことができました。

コロナウィルスはまだ完全な収束にいたっていないため、効率的なオンラインの婚活がリアルものよりも多く用いられています。
そんな状況であるなら、オンラインならではのよい方法があれば、この二人の男性のようにお見合いに活用してみてはいかがでしょうか。
よい結果が得られるだけでなく、会話も上達して自信もつき、お見合いが緊張ではなく楽しいものになるかもしれませんね。