婚活で選ばれるプロフィールとは?—写真編

(2020年10月3日更新)

■本記事はこんな人のために書いています
→婚活でプロフィールを公開したものの、なかなかマッチングしない、お見合いに進めない人。

■この記事を読むと以下のことがわかります
→プロフィール写真の重要性と押さえるべきポイントがわかります。

前回の記事では、マッチングしやすくなる自己PR文の書き方についてお伝えしました。

本記事では、プロフィールで最初に目が行く「写真」について、婚活を成功させるためのポイントを紹介します。

プロフィール写真が出会いを決める

最初にプロフィール写真について、私が失敗から学んだエピソードをお話しします。

弊相談所に30代前半の男性が入会されました。
平均的な容姿で年齢も若く、相手の女性に求める条件も厳しくなかったため、すぐにお見合いが組めるだろうと予想していました。ただ一つ気になったのは、提出されたプロフィール写真が少しピンボケのスナップ写真で、表情が分かりづらいことでした。

当時の私は経験が浅く、晴天屋外で撮影した明るい写真だからとそのままお預かりしたのですが、後からとても悔やみました。
プロフィール写真が公開された男性会員に女性から申し込みが来ることはなく、こちらからの申し込みも通らずで、まったくお見合いが組めなかったのです。
慌てて、写真スタジオでプロフィール写真の撮り直しを提案したところ、男性はすぐに応じて下さいました。

すると写真を変更した途端、その週のうちに3人の女性から申し込みが来たのです。
こちらからのお見合い申し込みもマッチングするようになり、男性会員は早々に良い方と巡り合い、成婚退会されていきました。

この件で痛感したのは、プロフィール写真を侮ってはいけないということでした。
お見合い相手を選ぶ時は、プロフィールで最初に目に入ってくる写真の良し悪しが出会いの数を決める、といっても過言ではないのです。

なぜプロフィール写真が重要なのか

あなたは、50%以上の人が第一印象を見た目で決めているという統計が出ているのをごぞんじですか?

多くの方が、プロフィール写真で「この人に会いたいな」と判断しているのです。
相手に選んでもらい、出会いにつなげるにはプロフィール写真で好印象を与えることが最重要ポイントなのです。

プロフィール写真で押さえておきたいポイント

プロのカメラマンに撮影してもらう

見る人に好感を与えるプロフィール写真を撮るために写真スタジオでプロのカメラマンに撮影してもらいましょう。
新しく入会された方で、自然な感じがいいからと、自分で撮った写真をもってくる方が多いのですが、婚活の写真はプロのカメラマンにとってもらうべきです。
仕上がりがまったく違うからです。

自撮り、オフショットの場合、細かなところにまで気を配れないことがあります。光の具合、背景で印象が変わってしまいます。
また、プロのカメラマンは、撮影の一番の障害である「緊張」を会話でほぐしてくれます。
自分がどう見せたいかを伝えると、あなたの要望にそうように誘導してくれます。なにより、何十枚も撮影してあなたのベストショットをたくさん撮ってくれます。できた写真を見比べることができ、満足のいく写真を選ぶことができます。
プロフィール写真はプロにお任せすることをお勧めいたします。

笑顔を一番大切に

笑顔は男性にも女性にも好印象を与えて、相手の記憶に一番残りやすい表情です。
笑顔の表情は明るく親しみやすい印象になるよう心がけましょう。

笑顔の写真で相手を受け入れたい、いい関係を築きたいあなたの姿勢をアピールできれば、出会いの確率は増えていきます。

清潔感を大切にする

男女ともに清潔感を与えることは好印象につながります。
髪の毛がボサボサであったり、洋服に汚れがあったりすると、清潔感を感じられません。

撮影の時は、髪を整えて、着ているものにもきちんと気を配りましょう。
自分ではわかりにくいでしょうから、相談所、プロのカメラマンなど、第三者の目から見て自分がどう見えているのかを確認してもらってください。

まとめ

相手と会う前の婚活を成功させるポイントはプロフィールを充実させることですが、文章にどれだけ力を入れても写真で手を抜いてしまえば、出会いの数は増えません。
多くのライバルの中から選ばれるために、自分の魅力をアピールできる人生最高の写真を用意しましょう。