婚活強者は、歩幅をあわせる

先日、独身の女性から、
「ある男性からデートにさそわれたんだけれど、サッサと歩いて行っちゃって、置いてきぼりにされちゃったの。次はないな。」

というお話を聞きました。
男性と女性では、歩幅が違いますから、気をつけていないと、どんどん差は開いていきます。人混みの多い所など、相手を見失ってしまう事態にもなりかねません。
男性からすると、そんな事でお付き合いが終了になるの? と思われますが、女性は、そこに男性の柔軟性と協調性をみるのです。
この歩幅を合わせなければいけないのは、男性だけにかぎったことではありません。
歩幅をあわせると言う言葉には、

① ペースを合わせる。
② まとまって同じ方向をむく。
③ 集団が力を合わせる。

という意味があります。
これから結婚しようとする男女には、お互いの歩幅を合わせることが、結婚生活を送る上で大変重要なのではないかと思います。
男女が、同じ方向に向かって、歩調を合わせて歩むこと、また、力を合わせることで、結婚を意識していくのです。
もちろん、男女の考えが、全て同じというわけではなく、生活に対するイメージや、お金に対する価値観など、合わないところもあるでしょう。
それでも、人としてどのようにお互いを思いやるかが一致していれば、根本的な部分では同じ方向を向いていると考えても良いはずです。
十分な理解を深め、お互いが自分にとって必要な存在に感じるまでには年月が必要ですが、前記の女性の会話のように、付き合い始めで、除外されるようなことのないように、歩幅を合わせなければなりません。
男女とも、次のデートに繋がらなかったら、
何か原因があるはずですから、さらなる魅力アップの為に、良いなと思った方とは、歩幅を合わせる事に全力を注いでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です