結婚するなら、マッチングアプリor結婚相談所?

(最終更新日:2020年3月16日)

「そろそろ結婚したいなあ」と思っているあなた。
婚活をどのように始めたらいいのか結構悩みませんか?

婚活の方法をネットで検索すると、マッチングアプリ・婚活パーティー・街コン・結婚相談所などのたくさんの婚活サービスが紹介されています。
読んでみるとそれぞれに特徴があるようですが、比較するポイントがわかりづらく、よけいに迷ってしまうのではないでしょうか。

人気のある婚活サービスがほんとうに自分に向いているのかも気になるところですよね。

本記事では、数ある婚活サービスのなかでも成婚率が高いといわれているマッチングアプリと結婚相談所を「どちらがより結婚しやすいか?という観点から比較しています。

あなたに合った婚活の方法を判断する参考になると嬉しいです。

それぞれの費用の違いは?

まずはふたつのサービスの気になる費用を比較してみましょう。

マッチングアプリにかかる費用

マッチングアプリの初期費用は、年齢・性別によらず無料です。
男性は月会費が 4,000円ほどのアプリが多く、女性は無料で使えるアプリがほとんどです。
オプション課金を利用しなければ、そのほかに料金は発生しません。

リーズナブルに利用できるので手軽に婚活を始められるのが一番の魅力なのだと思います。

結婚相談所にかかる費用

結婚相談所の初期費用は相談所ごとに大きく違います。
入会時に支払う金額は 20,000円ほど~ 200,000円以上の所まで、およそ10倍のばらつきがあるのです。

その理由は、結婚相談所ごとに採用している料金体系が異なっているためですが、結婚相談所の入会を検討している人から見るととてもわかりづらく、不安に感じる点だと思います。

結婚相談所の料金体系には大きく分けて二種類あり、会員が成婚退会するときにあとから成果報酬をいただく「成婚料型」と、入会時の初期費用に成果報酬が含まれている「初期費用型」があります。

結婚相談所の月会費は平均して 6,000円ほどです。(出典:経済産業省「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書」)
月々の費用は月会費に加えて、お見合いをするたびに料金が発生する場合もあります。

こうして比べてみると、結婚相談所にかかる費用はかなり割高に思えます。

とはいうものの近頃では、初期費用が無料のエントリープランを用意している結婚相談所も増えてきています。

サービス内容の違いは?

つぎにそれぞれのサービス内容を比較してみましょう。

マッチングアプリのサービス

マッチングアプリは基本的に出会いの機会を提供するサービスです。
会員の目の前にはたくさんの異性が集まる場所が用意されていて、それぞれのペースで自由に婚活してくださいというスタンスです。

積極的に相手を検索して気になる相手に「いいね」を送ってアプローチします。
相手から反応がもらえたら文字でコミュニケーションをとりながら、少しずつお互いの信頼を深めていきます。
実際にデートをする約束を取りつけることができたら、自分のペースで交際しながら親密になっていくのが基本的なながれです。

出会いのきっかけはネットですが、恋愛感情からスタートして自然に婚活に進めるのはとても魅力的です。
ただし相手と結婚したいのであれば、日常的な場所での出会いとおなじように自分で計画立てて関係を進展させなくてはいけません。。

またマッチングアプリの運営は会員同士のやり取りに関与しないので、出会った相手とのトラブルも自己責任になります。
もし苦手なタイプの相手と実際に会ってしまったときのお断りも、自分で対処しなくてはなりません。

結婚相談所のサービス

結婚相談所は出会いの場の提供と同時に、手厚いサポートで会員の婚活を後押しするサービスです。
会員ひとりひとりに専任のアドバイザーがつくので、あなたに合ったお相手選びから出会いの日時のセッティング、万が一のトラブル対応まで肩代わりしてくれます。

婚活の手順は相手のプロフィールを見て気になったら、専用サイトからお見合いの申し込みをします。
相手からOKの返事がもらえたら、アドバイザーが相手の相談所と日程を調整して、お見合いをセッティングします。
本人同士が実際に会う前のメッセージのやりとりなどは一切なく、初対面のお見合いでお互いを気に入れば、すぐに仮交際がスタートします。

恋愛特有の男女の駆け引きの過程を大幅にショートカットするながれなので、軌道に乗るとあっというまに結婚が決まる展開の速さが、結婚相談所の最大のアドバンテージなのです。

もしも思うように婚活が進まなくても、あなたと目線を合わせたアドバイザーがその原因と改善の方法を提案するでしょう。

無事に交際が進んだときに悩みがちなプロポーズの時期や交際相手の気持ちの確認さえも、相手側の結婚相談所と連携して成婚に繋がるようにお膳立てをしてくれます。
いわば出来レース」で婚活を進められるところも結婚相談所ならではのメリットです。

出会った相手は信用できる?

マッチングアプリ会員の信用性

マッチングアプリに入会する際の身元確認は、免許証などの身分証明書の画像提出だけのところが多いです。
その分お手軽に活動を始められるのですが、反面、年齢や職業、収入額などを偽ったり、本人とはまったく違う写真を掲載したり、既婚者でも入会ができるので、プロフィール詐称によるトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

結婚相手を見つけようとしたときに、身元のわからない相手の話を鵜呑みにするのは危険ですから、マッチングアプリの会員の信用性は低めだといえるでしょう。

結婚相談所会員の信用性

結婚相談所は加盟している相談所連盟との契約で、入会する際に身分証明書のコピーだけでなく住民票や独身証明書、婚歴の有無、養育権、収入証明書などの書類提出が義務付けられています。
書類を準備するのは大変ですが、婚活が始まれば相手もおなじ審査を受けて入会した結婚相談所の会員なので、プロフィールを偽っている相手と出会うことはありません。
もちろん会員に既婚者はいません。

相手の身元を疑う必要がないので、結婚相談所の会員は安心で信用性が高いといえます。

本気で結婚したい会員はどちらが多い?

マッチングアプリ会員の本気度

初期費用が不要なマッチングアプリはその手軽さから、なんとなく結婚したいだけの人や恋愛をしたい人、遊び相手を探している人も利用しています。
せっかく気に入った相手がいてマッチングをしてもアプリの利用目的が合わないと結婚できませんから、結婚できるかどうかはあなたの能力だけでなく運も絡んできます。

マッチングアプリでの婚活期間は、マッチング成立から1~2年の交際期間を経て結婚にいたる方が多いそうです。

結婚相談所会員の本気度

結婚相談所は前述したとおり、料金が高めなうえに入会時に提出する書類が多いため、結婚への本気度が高い人だけが婚活しています。

すべての会員が結婚を前提とした出会いを希望しているので、おたがいが気に入れば短期間で結婚にいたります。
お見合いから 3~6ヶ月で真剣交際に発展して、そこから 3ヶ月以内にプロポーズするケースが多いので、数多くの会員が 1年以内の婚活卒業を実現しています。

マッチングアプリと結婚相談所、あなたはどちらが向いている?

ここまで、ふたつの婚活サービスを比較してきましたが、それぞれに向いているのはどのような人でしょうか。

■マッチングアプリはこんな人に向いています

・とにかく費用をおさえて婚活を始めたい人

・たくさんの人と気軽に会いたい人

・結婚よりもまずはじっくりと恋愛をしたい人

・自分のペースで自由に婚活をしたい人

・LINEやメールなどの文字のやり取りが得意な人

■結婚相談所はこんな人に向いています

・とにかく本気で結婚したい人

・結婚を前提とした真剣交際がしたい人

・短期間で結婚を決めたい人

・婚活中の不安や悩みをだれかに相談したい人

・婚活を成功させるためのノウハウを知りたい人

まとめ

マッチングアプリはコミュニケーション能力が高くて問題解決能力に自信があり、結婚をしたい相手をたぐり寄せる運を持った人にとっては、大変コスパがよくオススメできる婚活手段です。

結婚相談所はアドバイザーのサポートを受けながら、最短期間で結婚をしたい人に向いているので、異性に慣れて積極的になれなかったり悩みやすい人にとくにオススメです。

マッチングアプリと結婚相談所を比較してみると一長一短はありますが、あなた自身の向き不向きを大事にしながら、ぜひ結婚への第一歩を踏み出してみてください。

この記事があなたの素敵な出会いの一助となれば幸いです。
それでは。