お見合い後に断られない女性の共通点とは?

(2021年9月02日更新)

■本記事はこんな人のために書いています
初回のお見合いで断られることが多い女性へ

■この記事を読むと以下のことがわかります
お見合いで相手の男性から断られる理由とその対策方法

お見合いはたくさん来るし、お見合いをする数も多いけれど、実際に会うとなぜか断られてばかりでなかなか交際に発展しない。

プロフィール写真はプロに撮ってもらったし、自己PRも完璧なハズ。
どうして断られるのか、わからない。
そんな悩みを抱えている女性はいませんか?

断られる理由がわからずにお見合いに臨んでも、同じことを繰り返すことになり、時間の無駄になるし気分も上がりません。

交際に進めないのは理由があります
男性がお見合いでどこをチェックしてNGを出すのか、失敗する前に押さえておきたいポイントを解説いたします。

プロフィール写真と実物の印象を近づける

男性から断られる最大の理由は、お見合いで会った女性の印象が「プロフィール写真と違った」ことです。
男性からすれば、プロフィール写真が素敵で会うのを楽しみにして来たのに、写真とかけ離れた印象の女性が待ち合わせ場所に現れたら、テンションは一気に下がってしまいます。

男性は「視覚」で恋をするといいますが、多くの男性はお見合い相手を選ぶときプロフィール写真を見て「この人に会いたいな」と思います。

あなたのプロフィール写真は、プロのカメラマンが洋服やヘアメイク、美しく見えるポーズに気を配りながら何十枚も撮影した中で、最高の一枚を掲載しているのではないでしょうか?
そのベストショットを見て男性は、あなたに会いたいと思ったのですから、実際に会ったときの印象をプロフィール写真に限りなく近づけるべきです。

たとえば、プロフィール写真では、髪を下ろしていたけれども、今日は暑いから髪をまとめていこうとか、写真では外していた眼鏡を慣れているから普段通りメガネで行こうなど、写真と印象が大きく違う変化は、会話をするまでもなく、ひとめ見た瞬間にNG判定される可能性が高くなります。

せっかく素敵な人に出会えても、男性はプロフィール写真の印象であなたに会いに来ているのだということを頭に置いておかないとマイナス印象からのお見合いスタートとなり、残念な結果になってしまいます。
視覚からの情報を重視しがちな男性とのお見合いでは、プロフィール写真に外見を徹底的に寄せることを意識して、第一印象でつまづかないように心がけましょう。

笑顔で対応する

男性がお見合いで会った女性に、次にまた会ってみたいと感じるポイントは、自分を受け入れてくれたかどうかです。
初回のお見合いの席では、「相手を肯定するリアクション」として有効なのは笑顔ではないでしょうか?

笑顔は相手に警戒心を抱かせることなくリラックスさせ、受け入れる気持ちや好意を表すことができるからです。

女性と会話をしているときに、女性が笑顔で話を聞いてくれて、楽しそうにしていると、笑顔を向けられた男性は、「自分に好意を持ってくれた」「受け入れられた」と感じてあなたに好感を持ちます。

会話上手より聴き上手

男性からお見合いを断る理由の一つに「会話が全然弾まなかった」というものがあります。
こういわれると、男性から次も会いたいなと思われるのは、会話スキルが高い女性だと思われるかもしれません。

しかし、男性は話が上手な女性よりも、男性の話をしっかり聞いてくれる聴き上手な女性に好意を持つ傾向にあります。
なぜなら、話を聞いてもらうことによって男性は、女性に受け入れてもらえたと感じるからです。

男性の話に耳を傾けて、タイミングよく相づちをうったり、質問したりすれば男性は気分よく会話ができます。
また、「凄いですね」「確かにそうですよね」などと男性の話を肯定してあげることができれば、男性は、自分が認められたと感じて話はますます盛り上がります。
男性に気分よく会話を楽しんでもらうことができる女性であれば次にまた会いたいと思われますよね。

まとめ

初回のお見合いで2回目の交際に繋げるにはどうしたらよいかをお話させていただきました。

まず、男性は視覚的な要素を重要視する傾向にありますから、初回のお見合いでは、プロフィール写真にできる限り外見を近づけるとスムーズにお見合いは進みます。
その際は、笑顔を心がければ男性は警戒心なく安心してあなたとの会話がしやすくなり、会話は弾み楽しい時間を過ごせます。
そして、できれば相手の会話を真剣に聞く聴き上手になることで男性の気分はさらに良くなります。

初対面がプラスの要素ばかりであったなら、次も会ってみたいと必ず思うはずです。
あなたがお見合いで出会った男性を気に入り、次も会ってみたいと思ったら、この3点を実践してみてはいかがでしょうか?