婚活初心者の皆さんが不安に思う「プロフィールってどう書けばいいの?」を解決する

(2022年6月14日更新)

こんにちは。ラポール結婚相談所のモトハラサヨコです。

婚活を始めた人たちから、

「プロフィールってなんですか?」
「どうやって書いていいかわかりません」
「何書けばいいんですか?」

という声を聞きます。

プロフィールは、相手に会う前のあなたの代わりに、異性にあなたを知ってもらう履歴書のようなものです。

今回は婚活初心者の方のために、プロフィールを書く目的と、具体的に何を書けばいいのかをお話ししたいと思います。

プロフィールはなんのために書くのか?

プロフィールはただ空欄を埋めるだけのものではありません。

では、婚活のプロフィールとは何のために書くのでしょうか?

もちろん相手に自分を知ってもらうためのものですが、婚活でのプロフィールに一番重要なのは、

異性に会ってみたいと思ってもらうことです。
異性に会ってみたいと思われなければ、婚活は始まらないからです。

プロフィールを書き始める前に、プロフィールを読むのは異性であると頭に於いて書いてみましょう。

自分が相手だったら、自分の書いた文章を読んでどう思うだろうか?

好意を持ってくれるだろうか?

会いたいと思ってくれるだろうか?

と意識しながら書くと異性からの好感度が上がり、出会いの確率は高くなります。

そうはいっても、婚活初心者はどうやって書くのか、何を書いたらいいのか全くわからない人もいるでしょう。

基本的な書き方のポイントを知って、要点を押さえたプロフィールを書いてみましょう。

プロフィールに書く内容

婚活を始めたあなたは、相手の何が知りたいでしょうか?

年齢、収入、学歴、家族歴、容姿、趣味、仕事など知りたいところはたくさんあるでしょう。

婚活のプロフィールは、必要事項を記入する形になっていますので大抵の略歴はわかりますが、本人の人柄までははわかりません。

そこで、自分の人となりをわかってもらうために、自分をアピールできる箇所があります。

それが自己㏚文です。

自己㏚文は、唯一本人の結婚に対する真剣度や、仕事、趣味への情熱、思いを文章にして相手にアピールできるところです。

丁寧に書いて、あなたがどんな人なのか異性に目を向けてもらいましょう。

また、性格や仕事に対する姿勢、趣味や結婚観は、他のライバルとの差別化を図れますので、力を入れて書きたいところですね。

その際は、先ほどもお話ししたように、異性から好感を持たれるように、つねに異性目線で書くと効果的です。

1.性格

異性に会う前に相手の性格がある程度わかっていると安心できますね。

でも、自分の性格を書くのは難しいものです。

書きなれていないと、誠実、優しい、真面目など、よくある平凡なプロフィール文になりがちです。

それではありきたりで、相手に記憶に残らなくなってしまうかもしれません。

友達との関係や日頃の行動をエピソードを交えて書いてみると、真実味が増して異性に興味を持ってもらえます。

「友達には面倒見のいいヤツ。といわれています。つい最近も後輩の失恋話を夜通し聞いて慰めていました」

「一人暮らしをしていますが、たまに実家に帰ると、簡単にできる手料理を家族に披露して喜ばれています」

など、ちょっとしたエピソードを書くと、相手がイメージしやすくなりますよね。

その際は、ネガティブな言葉や独りよがりな表現は避けましょう。

2.仕事のこと

仕事に関する意欲や前向きさを書くと異性への評価は高くなります。

男女問わず、仕事に情熱をもって働いている姿に好感を持つからです。

「今の仕事にやりがいを感じています。上司や同僚とチームで一丸となって働くのがとても楽しいと感じています」

「最近、新しいプロジェクトの立ち上げに主要メンバーとして抜擢され、やりがいを感じています」

と、具体的なストーリーを交えて書くと、あなたの仕事ぶりを理解してもらえます。

特に女性は、男性の仕事に対する熱意を知ると、社会的に成功する可能性を見出して頼もしく感じるようです。

仕事に対する熱意や、前向きさをアピールして好感を持ってもらいましょう。

3.趣味

趣味は、自分の個性を出せるところです。

具体的に書くと、親近感がわきますし、あなたと同じ趣味を持った人が興味を持ってくれます。

「温泉が好きなので、ひなびた田舎の温泉を探してはのんびり、ゆっくりするのが好きです」

「月に一度は映画に行くほどの映画好きです。一緒に映画を楽しめたらいいなと思っています」

など、趣味を具体的に説明すると、あなたの人物像がよりハッキリしてきます。

サラッと簡単に書くのではなく異性にわかりやすく、楽しそうに書くと親近感が湧きます。

特に趣味がない人は、自分の好きなものは何か、休日にどんな過ごし方をしているかを考えてみて、相手とどう過ごしたいかを書くと共感を持たれるでしょう。

4.結婚観

結婚するのは、パートナーとともによりよい人生を送るためですから、どんな未来を描いていて、どんな生き方をしたいのか異性から見て魅力的な結婚観を書きたいですね。

「お互いを尊重できるような温かい家庭を築いていきたいです」

「毎日、笑いあって生活できるような家庭にしたいと思っています」

といったように、パートナーに対する思いやりや、安心、安定感、前向きな明るい未来をイメージができる結婚観を書いてみると好感度が増します。

まとめ

婚活初心者の方には、婚活のプロフィールを書くのは大変かもしれませんが、プロフィールが異性との出会いの良し悪しを左右するのですから、簡単に書くのはもったいないと思います。

常に異性目線を意識して丁寧に自分の想いを書いてみましょう。

自分の情報を相手に知ってもらうのも必要ですが、まずは、異性から受け入れられるように考えて書くと出会いの確率はグンとアップすると思います。