想像力の欠如は婚期を遅らせる?

独身の人たちを見ていて、心配に思う事があります。
それは、自分の将来を思い描く想像力が致命的にかけているのではないかと思うからです。
「何となくこの歳になってしまいました。」
婚活中の方が結婚しない理由で、よく言われる事です。
時間の流れを見通すことを怠った結果がこの会話なのです。
独身であれば、多くの方は、稼いだお金は全部使えて、時間も自由に使える。ずっとこのままの生活が続くと思っている。
当然、結婚する必要はなく、今のままでいいと思うかもしれない。
しかし、40代、50代になった時のことを想像した事はあるでしょうか。
歳をとっていけば、自分の理想の相手は少なくなり、婚活は難しくなる。
また、人間は、恵まれた環境にいると、敢えて、良い環境を変えてまで、出て行こうとは思わない。
それが、晩婚に繋がっているような気がします。
独身の方は、このままで歳をとった自分を想像してみる。独身が自分の思い描く自分の姿なら良いでしょう。
でも、もし、ちょっと違うなと思うなら、すぐにでも、想像した理想に向かって行動してみましょう。
想像力の欠如は、後悔を招きます。常に自分の未来の姿を俯瞰で見てみる。
後悔の少ない人生にする為に、未来の事を想像してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です